腰の痛みについて 身体各部位の痛み

腰椎症(慢性腰痛)

投稿日:

特徴

加齢などにより、椎間板がすり減ってきたり、骨に骨棘(トゲ)が形成されている状態です。それらにより神経を圧迫するとお尻や下肢に痛みや痺れが出る場合があります。それが坐骨神経痛や大腿神経痛といわれるものです。誰にでも50歳を過ぎてくると起こり得る脊椎の変性疾患です。

症状

腰痛が主で状態により下肢痛などが出現します。
動作開始痛といって同一姿勢から次の運動時に痛みが出現するのが特徴です。長時間座っていると腰痛がでたり、前かがみや腰を反らしたりすると痛みがでたり症状の出かたや強さやは様々です。レントゲン上の腰椎の加齢的変化は誰にでも起こる現象です。

施術方法

諦めないでください。必ず変化が分かっていただけます。
腰椎症(慢性腰痛)は基盤に加齢があります。椎間板の狭小化や骨棘が出て、腰椎の関節の動きが良くない状態が多いです。そこに仕事やスポーツでの負荷が加わり筋肉に硬結がおこり、痛みやだるさなどが出現します。誰しも年齢を重ね50歳を過ぎるころから変化が起きてきます。整骨院での整体は、痛みの原因の筋肉、例えば臀部や腹部などの筋膜リリースを行います。骨盤が痛みの原因になっている場合は骨盤を調整します。施術後は高齢者であっても腰周囲が柔らかくなり、前屈や後屈の可動域も広がり、腰痛が解消します。慢性腰痛に対しての鍼灸施術は硬くなった筋肉や関節にアプローチします。また筋膜リリースで筋肉が緩まるポイントにも施術を行います。
慢性腰痛でも神経痛を伴うものは、殿部や下肢に響くいわゆるツボという箇所にアプローチします。冷やすと筋肉は硬くなりやすいので温熱療法も同時に行います。慢性腰痛は可動域の低下が見られるため、柔軟性をつけるためにストレッチ指導も行っています。体はすぐには柔らかくなりません。筋肉は形状記憶されていますので毎日続ける事が大切です。
腰痛が和らいできたら、筋力訓練も指導します。自分の筋肉でコルセットを作ってください。

-腰の痛みについて, 身体各部位の痛み

整骨院,明石市,大久保町 整骨院,明石市,大久保町

078-934-2960

明石市大久保町ゆりのき通り1-2-3
オーズタウンセンタースクエアー4-210
月〜金 9:00〜11:30 15:30〜19:30
土曜日 9:00〜12:30 定休日:日・祝

電車でお越しの方
明石市、JR大久保駅から雨に濡れずに徒歩3分

お車でお越しの方
イオン明石の駐車場(2時間無料)を
ご利用ください。

ひじり鍼灸整骨院LINE公式アカウントリンクバナー

ひじり鍼灸整骨院Googleマイビジネスクチコミリンクバナー

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.