腰の痛みについて 身体各部位の痛み

腰部椎間板ヘルニア

投稿日:

特徴

椎間板の中にある髄核が後ろに突出したり、脱出したりして神経や脊髄を圧迫している状態です。この椎間板が突出している状態を腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。
椎間板は加齢により変性しやすく、壮年では腰痛がなくてもヘルニアになっている場合もあります。しかしその椎間板が突出している事が痛みの原因かどうかを見極めることが大切です。
20~40代の男性に多く、保存療法でほとんどの場合症状は改善します。90%以上は手術しないで良くなります。

症状

腰痛、下肢痛が2大症状です。
下肢筋力の低下やしびれは痛みよりやや遅れて出現します。せきやくしゃみでの腰痛、顔を洗う姿勢、靴下を履く動作が痛みます。まれに排尿排便障害が出現することがあり、その場合は手術の適応となります。

施術方法

腰椎椎間板ヘルニアはほとんどの場合手術せずに筋膜リリースの整体や鍼灸などの保存療法で症状や腰痛は緩和します。
特に下肢症状が無く、腰痛だけの場合は経過も良好です。
ヘルニアが突出していてもそれが必ず痛みの原因となるとは限りません。ヘルニアがMRIで確認できても、痛みが無い場合も多くあります。
ヘルニアと言われていても、筋・筋膜性症候群(MPS)が同時に存在している場合が多いのです。その痛みがヘルニアによる割合か、筋・筋膜性症候群(MPS)の割合か、どちらが多いかどうかで経過も変わります。
腰痛の状態にもよりますが、整体では筋肉リリースでその症状を起こしている筋・筋膜を探しそこにアプローチいたします。また必要に応じ骨盤や腰椎も動きをつけていきます。
整体の直後にヘルニアの特徴でもある前かがみの痛みでFFD(床と指の距離)を測るとほとんどの場合改善いたします。
鍼灸施術も筋膜リリースと同様で、どこに原因があるのか、それを探しその部分にアプローチいたします。
腰椎椎間板ヘルニアは昔は手術をする割合が多かったのですが、現在は90%以上手術をしないで良くなっていきます。

-腰の痛みについて, 身体各部位の痛み

整骨院,明石市,大久保町 整骨院,明石市,大久保町

078-934-2960

明石市大久保町ゆりのき通り1-2-3
オーズタウンセンタースクエアー4-210
月〜金 9:00〜11:30 15:30〜19:30
土曜日 9:00〜12:30 定休日:日・祝

電車でお越しの方
明石市、JR大久保駅から雨に濡れずに徒歩3分

お車でお越しの方
イオン明石の駐車場(2時間無料)を
ご利用ください。

ひじり鍼灸整骨院LINE公式アカウントリンクバナー

ひじり鍼灸整骨院Googleマイビジネスクチコミリンクバナー

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.