体の各部位の症状

首の状態について

更新日:

頚椎椎間板ヘルニア

特徴

椎間板は脊椎の骨と骨の間にあってクッションのような役割を果たしており、この椎間板が、不自然な運動などで外力に耐えられず、被膜を破って脊柱管内に逸脱した状態を椎間板ヘルニアといいます。
代表的なものが腰椎椎間板ヘルニアで、ついで多くみられるのが頚椎椎間板ヘルニアです。
30代に多く、飛び出た椎間板の大きさや神経の圧迫部位によって首の痛みや腕への神経痛を起こします。

症状

  • 首~肩~腕~指へのしびれ感、痛み。
  • 咳やくしゃみ、首を後ろに反らすと肩甲骨や腕に痛みが走る。
  • 肩や肘、手指が思うように動かせない(筋力低下など。)

症状が強い場合は座っているのも首や腕が辛く、横になって寝ると症状がらくになったり、腕を上げると楽になったりします。
ヘルニアと言われていても、筋・筋膜性症候群(MPS)が同時に存在している場合が多いのです。
その痛みがヘルニアによる割合か、筋・筋膜性症候群(MPS)の割合か、どちらが多いかどうかで経過も変わります。

頚椎捻挫

特徴

外傷機転により頚椎が過伸展・過屈曲されて生じる症状の総称で、レントゲンでは異常を伴わない首の筋肉などの軟部組織損傷です。
停車中の追突など防御姿勢をとれない外力ほど発症しやすい傾向にあります。首が後ろに反って起こる「むちうち損傷」や「外傷性頸部症候群」なども同じ意味の傷病名です。

症状

  • 受傷当日よりも翌日~数日になって症状が発症することが多い
  • 首、肩、背中の痛みや運動制限
  • 後頭部から頭頂部への痛み
  • 目のかすみ、耳鳴り、めまい、動悸・吐き気、集中力低下などの自律神経症状

寝違い

特徴

朝起きると、首が痛く回らない、上を向けないなどの状態になります。
しかし、痛みが強くても経過は数日で良くなることが多いです。
しかし、筋・筋膜が常に疲労したり硬くなっていたりする場合は長引いたり、何度も繰り返したりします。
また、他の疾患であることもあるので、自己判断はせずにご相談ください。

症状

首が痛くて回らない、上を向けない。
痛みが強い場合は、体ごと方向を転換しないといけないこともあります。
咳やくしゃみで、首に痛みが走ります。
筋膜リリースで痛みは早く楽になります。

-体の各部位の症状

整骨院,明石市,大久保町 整骨院,明石市,大久保町

078-934-2960

明石市大久保町ゆりのき通り1-2-3
オーズタウンセンタースクエアー4-210
月〜金 9:00〜12:00 15:30〜20:00
土曜日 9:00〜13:00 定休日:日・祝

電車でお越しの方
明石市、JR大久保駅から雨に濡れずに徒歩3分

お車でお越しの方
イオン明石の駐車場(1時間無料)を
ご利用ください。

整骨院,明石市,大久保町

Copyright© 明石市 大久保町整骨院 | ひじり鍼灸整骨院 , 2019 All Rights Reserved.