体の各部位の症状

腰の状態について

更新日:

急性腰痛(ぎっくり腰)

特徴

くしゃみや朝の洗顔時などで急に発症する場合や、重い物を持ち上げた時に多く発症します。
また、何もしていないのに朝起きたらすごく腰が痛く動かさないといった場合もあります。
腰の筋肉が傷んでいたり、背骨の関節や椎間板と言う背骨の間にあるクッションが傷んでいたりする状態です。
多くの場合、筋疲労が蓄積されて筋・筋膜性症候群(MPS)となり、腰に発症します。筋肉に疲労が蓄積されると筋・筋膜の血液循環が悪くなり筋肉がかたくなったり、滑走性が悪くなります。従って、ぎっくり腰になる前に、違和感がある場合や腰に重だるさがあるケースが多いです。
自分でケアは可能なのか?・・・それは人により痛む原因がそれぞれなので、これさえしたら楽になるというのは難しいと思われます。その人に合ったセルフケアは指導させていただいております。

症状

腰痛がきつい場合は歩くことも辛く、座るのさえ困難になります。寝返りが辛い。
痛みで腰を前や後ろに反らせない。咳やくしゃみで腰に響くこともあります。
シビレ等の神経症状がない場合は施術すると痛みのわりに比較的早期にで良くなる場合がほとんどです。

施術方法

急性期で腰部に熱感を持つ場合はアイシングを行います。熱感まである場合は稀です。熱感がない場合は温熱療法を行います。
施術の方法は整体の場合ですと明石市ひじり鍼灸整骨院の特徴でもある筋膜リリースを中心に行います。痛めている患部はあまりアプローチしません。患部の痛みが落ち着いてきたらアプローチをかけていきます。エビデンスの観点からも急性腰痛(ぎっくり腰)はマニュピュレーションが有効だと証明されています。筋膜リリースも非常に痛みが和らぎます。腰痛が強い場合は患部を触れられるのも嫌なものです。腰が痛むのに、脚にアプローチして痛みが和らぐこともあります。それは筋膜の検査をして、その腰痛の原因がどこから来ているかをつきとめるからです。これが筋膜リリースの特徴です。腰の痛みが強く、座れなかった人が座れるようになり、歩けなかった人が歩いて帰れるようになるので、大変お喜びの声をいただきます。その他にも、ぎっくり腰には鍼灸も非常に効果的です。鍼の場合は原因である箇所に直接アプローチいたします。
患部の血流を促し、発痛物質を流し早期の組織の修復を図ります。また筋膜の滑走性を良くします。鍼の作用には大きく分けて、鎮痛効果と自然治癒力の促進があります。急性期が過ぎたら、ストレッチ、筋力訓練も指導させていただいています。

腰部脊柱管狭窄症

特徴

ヘルニア、辷り症、加齢などにより脊柱管(背骨の中にある管)が狭くなり、神経や血管を圧迫して腰や下肢の症状が起こります。薬を飲んでもなかなか楽にならないと訴える方が多い疾患です。病院では、レントゲンを撮って腰椎の間が狭くなっているとか、骨棘で神経を圧迫されていると言われます。しかし神経を圧迫するのは骨だけではありません。筋肉が緊張して神経を刺激している場合も多くあります。病院ではその評価をしていません。筋肉の影響が強い場合はその原因の筋肉が緩まると、腰痛や足の痛みや痺れが緩和します。良くなる脊柱管狭窄症はこの様な筋肉の緊張からきているケースは経過が良いです。

症状

しばらく歩くと、だんだん足が痺れたり重くなったり、痛みが出たりして歩くことが困難になります。
前かがみや腰をかけて休むとまた歩けるようになるものを間欠性跛行といい、脊柱管狭窄症の特徴です。
腰痛や足のシビレ、冷感、会陰部のしびれもなどもあります。
排尿排便障害がある場合には手術が必要です。

施術方法

脊柱管狭窄症は長く症状を患っている場合が多いです。程度によりますが10分も歩けない方は良くなるにも時間がかかります。当院の整体は筋膜リリースで筋膜を介して筋肉をゆるめたり、背骨や骨盤の動きをつけたり、整えたりします。背骨の動きがついてくると体が動きやすくなります。脊柱管狭窄症の方はどうしても前かがみで歩くことが多いのです。よって腰や殿部、腹部、下肢の筋肉が緊張していたり、すぐ疲れたりします。鍼で施術を行う場合は腰部や下肢の血流の改善や偏った筋・筋膜を緩める目的で筋膜やツボにアプローチします。殿部や下肢に行うことが多いです。場合によっては肩や首に施術することもあります。ようはその痛みがどこからきているかで、使うツボは違ってきます。脊柱管狭窄症は腰椎部で神経を圧迫するので、それに伴って走る血管も圧迫することにより、脚が前に出にくくなり歩きにくくなります。よって鍼灸で血流を良くしてあげると歩きやすくなるのです。また温熱療法も大切です。足湯も効果的です。しかし足湯もただ普通に温めるだけではだめです。方法があるのです。

腰部椎間板ヘルニア

特徴

椎間板の中にある髄核が後ろに突出したり、脱出したりして神経や脊髄を圧迫している状態です。
椎間板は加齢により変性しやすく、壮年では腰痛がなくてもヘルニアになっている場合もあります。しかしその椎間板が突出している事が痛みの原因かどうかを見極めることが大切です。
20~40代の男性に多い。保存療法でほとんどの場合症状は改善します。90%以上は手術しないで良くなります。

症状

腰痛、下肢痛が2大症状です。
下肢筋力の低下やしびれは痛みよりやや遅れて出現します。せきやくしゃみでの腰痛、顔を洗う姿勢、靴下を履く動作が痛みます。まれに排尿排便障害が出現することがあり、その場合は手術の適応となります。

施術方法

腰椎椎間板ヘルニアはほとんどの場合手術せずに筋膜リリースの整体や鍼灸などの保存療法で症状や腰痛は緩和します。
特に下肢症状が無く、腰痛だけの場合は経過も良好です。
ヘルニアが突出していてもそれが必ず痛みの原因となるとは限りません。ヘルニアがMRIで確認できても、痛みが無い場合も多くあります。
ヘルニアと言われていても、筋・筋膜性症候群(MPS)が同時に存在している場合が多いのです。その痛みがヘルニアによる割合か、筋・筋膜性症候群(MPS)の割合か、どちらが多いかどうかで経過も変わります。
腰痛の状態にもよりますが、整体では筋肉リリースでその症状を起こしている筋・筋膜を探しそこにアプローチいたします。また必要に応じ骨盤や腰椎も動きをつけていきます。
整体の直後にヘルニアの特徴でもある前かがみの痛みでFFD(床と指の距離)を測るとほとんどの場合改善いたします。
鍼灸施術も筋膜リリースと同様で、どこに原因があるのか、それを探しその部分にアプローチいたします。
腰椎椎間板ヘルニアは昔は手術をする割合が多かったのですが、現在は90%以上手術をしないで良くなっていきます。

腰椎症(慢性腰痛)

特徴

加齢などにより、椎間板がすり減ってきたり、骨に骨棘(トゲ)が形成されている状態です。それらにより神経を圧迫するとお尻や下肢に痛みや痺れが出る場合があります。それが坐骨神経痛や大腿神経痛といわれるものです。誰にでも50歳を過ぎてくると起こり得る脊椎の変性疾患です。

症状

腰痛が主で状態により下肢痛などが出現します。
動作開始痛といって同一姿勢から次の運動時に痛みが出現します。

施術方法

諦めないでください。必ず変化が分かっていただけます。
腰椎症(慢性腰痛)は基盤に加齢があります。椎間板の狭小化や骨棘が出て、腰椎の関節の動きが良くない状態が多いです。そこに仕事やスポーツでの負荷が加わり筋肉に硬結がおこり、痛みやだるさなどが出現します。誰しも年齢を重ね50歳を過ぎるころから変化が起きてきます。整体では臀部や腹部の筋膜リリースをしたり、後頭骨、上位頸椎を矯正し、動きの悪くなった腰椎や骨盤にもアプローチする事が多いです。施術後は高齢者であっても腰周囲が柔らかくなり、前屈や後屈の可動域も広がり、腰痛が解消します。慢性腰痛に対しての鍼灸施術は硬くなった筋肉や関節にアプローチします。また筋膜リリースで筋肉が緩まるポイントにも施術を行います。
慢性腰痛でも神経痛を伴うものは、殿部や下肢に響くツボにアプローチします。冷やすと筋肉は硬くなりやすいので温熱療法も同時に行います。慢性腰痛は可動域の低下が見られるため、柔軟性をつけるためにストレッチ指導も行っています。体はすぐには柔らかくなりません。筋肉は形状記憶されていますので毎日続ける事が大切です。
腰痛が和らいできたら、筋力訓練も指導します。自分の筋肉でコルセットを作ってください。

-体の各部位の症状

整骨院,明石市,大久保町 整骨院,明石市,大久保町

078-934-2960

明石市大久保町ゆりのき通り1-2-3
オーズタウンセンタースクエアー4-210
月〜金 9:00〜12:00 15:30〜20:00
土曜日 9:00〜13:00 定休日:日・祝

電車でお越しの方
明石市、JR大久保駅から雨に濡れずに徒歩3分

お車でお越しの方
イオン明石の駐車場(1時間無料)を
ご利用ください。

整骨院,明石市,大久保町

Copyright© 明石市 大久保町整骨院 | ひじり鍼灸整骨院 , 2019 All Rights Reserved.