腰の痛みについて 身体各部位の痛み

急性腰痛(ぎっくり腰)

投稿日:

特徴

腰痛がくしゃみや朝の洗顔時などで急に発症する場合や、重い物を持ち上げた時に多く発症します。
また、何もしていないのに朝起きたらすごく腰が痛く動かさないといった場合もあります。
腰の筋肉が傷んでいたり、背骨の関節や椎間板と言う背骨の間にあるクッションが傷んでいたりする状態です。
多くの場合、筋疲労が蓄積されて筋・筋膜性症候群(MPS)となり、腰に発症します。筋肉に疲労が蓄積されると筋・筋膜の血液循環が悪くなり筋肉がかたくなったり、滑走性が悪くなります。従って、ぎっくり腰になる前に、違和感がある場合や腰に重だるさがあるケースが多いです。
自分でケアは可能なのか?・・・それは人により痛む原因がそれぞれなので、これさえしたら楽になるというのは難しいと思われます。その人に合ったセルフケアは指導させていただいております。

症状

腰痛がきつい場合は歩くことも辛く、座るのさえ困難になります。寝返りが辛い。
痛みで腰を前や後ろに反らせない。咳やくしゃみで腰に響くこともあります。
シビレ等の神経症状がない場合は施術すると痛みのわりに比較的早期にで良くなる場合がほとんどです。

施術方法

急性期で腰部に熱感を持つ場合はアイシングを行います。熱感まである場合は稀です。熱感がない場合は温熱療法を行います。
施術の方法は整体の場合ですと明石市ひじり鍼灸整骨院の特徴でもある筋膜リリースを中心に行います。痛めている患部はあまりアプローチしません。患部の痛みが落ち着いてきたらアプローチをかけていきます。エビデンスの観点からも急性腰痛(ぎっくり腰)はマニュピュレーションが有効だと証明されています。筋膜リリースも非常に痛みが和らぎます。腰痛が強い場合は患部を触れられるのも嫌なものです。腰が痛むのに、脚にアプローチして痛みが和らぐこともあります。それは筋膜の検査をして、その腰痛の原因がどこから来ているかをつきとめるからです。これが筋膜リリースの特徴です。腰の痛みが強く、座れなかった人が座れるようになり、歩けなかった人が歩いて帰れるようになるので、大変お喜びの声をいただきます。その他にも、ぎっくり腰には鍼灸も非常に効果的です。鍼の場合は原因である箇所に直接アプローチいたします。
患部の血流を促し、発痛物質を流し早期の組織の修復を図ります。また筋膜の滑走性を良くします。鍼の作用には大きく分けて、鎮痛効果と自然治癒力の促進があります。急性期が過ぎたら、ストレッチ、筋力訓練も指導させていただいています。

-腰の痛みについて, 身体各部位の痛み

整骨院,明石市,大久保町 整骨院,明石市,大久保町

078-934-2960

明石市大久保町ゆりのき通り1-2-3
オーズタウンセンタースクエアー4-210
月〜金 9:00〜11:30 15:30〜19:30
土曜日 9:00〜12:30 定休日:日・祝

電車でお越しの方
明石市、JR大久保駅から雨に濡れずに徒歩3分

お車でお越しの方
イオン明石の駐車場(2時間無料)を
ご利用ください。

ひじり鍼灸整骨院LINE公式アカウントリンクバナー

ひじり鍼灸整骨院Googleマイビジネスクチコミリンクバナー

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.