体の各部位の症状

前腕の状態について

更新日:

腱交叉性症候群(インターセクションシンドローム)

腱交叉性症候群部位

特徴

30~50歳代で字を書いたり、パソコンをしてたり手をよく使う人に多く発症します。
前腕の背側の手首から3~5cm上の場所(写真赤丸部)に痛みを有します。

症状

手を使うと痛みが出現し、圧痛や轢音が出る場合があります。腫れも見られます。
長母指外転筋腱・短母指伸 筋腱と長橈側手根伸筋・短側手根伸筋腱という腱が重なっている部分で炎症を起こします。いわゆる腱鞘炎です。
痛みが強い場合は母指を固定します。筋膜リリースを行い筋肉を緩めます。

-体の各部位の症状

整骨院,明石市,大久保町 整骨院,明石市,大久保町

078-934-2960

明石市大久保町ゆりのき通り1-2-3
オーズタウンセンタースクエアー4-210
月〜金 9:00〜12:00 15:30〜20:00
土曜日 9:00〜13:00 定休日:日・祝

電車でお越しの方
明石市、JR大久保駅から雨に濡れずに徒歩3分

お車でお越しの方
イオン明石の駐車場(1時間無料)を
ご利用ください。

整骨院,明石市,大久保町

Copyright© 明石市 大久保町整骨院 | ひじり鍼灸整骨院 , 2019 All Rights Reserved.