身体各部位の痛み

足の痛みについて

更新日:

第5中足骨疲労骨折(ジョーンズ骨折)

特徴

サイドステップやターン。ストップ動作およびカッティング動作などを反復する競技に多い。サッカーやバスケットボールがそれに当てはまります。
この部位は血流が悪く、改善しにくい場所です。偽関節と言って骨がちゃんとくっつかなくなってしまったり、スポーツ復帰をしても再発しやすいなど。スポーツ選手を苦しめる骨折の1つです。この骨折は手術する場合が多いです。早期復帰を望むなら手術をお勧めいたします。保存療法では、オステオトロン照射し最低6週間の固定、その間の完全免荷(松葉杖で荷重をかけない事)が必要です。その後も徐々に筋トレなどの運動を開始し、完全スポーツ復帰までには3ヶ月程度は必要です。

症状

受傷直後ではレントゲンに骨折が写らないこともよくあります。
前兆なく骨折することは少なく「疲労感」や「違和感」という前兆が多くにみられます。
そういった段階でメディカルチェックを行い、早期発見につとめます。
骨折が起こると腫れ、痛みが出て歩行が困難になる場合もあります。

足関節捻挫

特徴

階段で足を踏み外した、スポーツ中に捻ったり、物や人の足を踏んで捻ったりすることで発症します。
内返し捻挫と、外返し捻挫があり、内返し捻挫が圧倒的に多く起こります。

症状

程度が軽いと歩けますが、重度だと足を着くのも大変です。
靱帯が切れてしまったり伸びてしまったりすると、靱帯によって安定性の保たれていた関節が不安定になり、捻挫しやすくなったり、不安感や足首の痛みが残ってしまうことがよくあります。
損傷度はⅠ、Ⅱ、Ⅲ度とあります。
Ⅰ度は靭帯が軽く伸ばされた程度、Ⅱ度は部分断裂、Ⅲ度は完全断裂です。
処置は程度や背景により包帯、テーピング、ギプスなどの処置を行います。
痛みが取れれば筋力トレーニングや可動域訓練も行い早期の復帰、予防に努める事が重要です。

有痛性外脛骨

特徴

足の舟状骨が分離していたり、過剰に大きくなっていて足の内くるぶしの下が痛みます。
スポーツでよく足を使ったり、足をひねったりした際に発症します。
後脛骨筋腱が舟状骨を引っ張り、舟状骨の分離部分や腱の付着部で痛みます。
タイプがⅠ、Ⅱ、Ⅲと分けられています。

症状

圧痛が舟状骨にあります。よく歩いた後や運動中に痛みが出ます。外脛骨部が出っ張って、靴に当たると痛みます。
偏平足がある場合には、アーチパットを靴に入れます。
後脛骨筋を筋膜リリースすることにより、緊張をゆるめて牽引力を軽くさせます。

腓骨筋腱炎

特徴

外くるぶしの近くでの炎症です。スポーツで足をよく使う方、腓骨筋に負担をかける歩き方をする方などに発症します。
また捻挫後に痛みが出てくる場合もあります。足の形状によっても腓骨筋腱に負担がかかる場合もあります。

症状

腫れ、圧痛、歩行痛などがあります。
特に蹴り出す際や、つま先立ちをした際に痛みます。階段の上り下りでも痛む場合があります。
歩き方や足の形状を見て足底板や筋膜の調整などで施術していきます。

足の痛みに関する記事

足底筋膜炎

コメントなし

-身体各部位の痛み

整骨院,明石市,大久保町 整骨院,明石市,大久保町

078-934-2960

明石市大久保町ゆりのき通り1-2-3
オーズタウンセンタースクエアー4-210
月〜金 9:00〜12:00 15:30〜20:00
土曜日 9:00〜13:00 定休日:日・祝

電車でお越しの方
明石市、JR大久保駅から雨に濡れずに徒歩3分

お車でお越しの方
イオン明石の駐車場(1時間無料)を
ご利用ください。

整骨院,明石市,大久保町

Copyright© 明石市 大久保町整骨院 | ひじり鍼灸整骨院 , 2019 All Rights Reserved.