スタッフブログ

断食でのダイエット方法について②

投稿日:

ひじり鍼灸整骨院です^^
前回は「プチ断食」について説明と効果のご紹介をさせて頂きました。
今回は実践例とよくある質問についてご紹介させて頂きたいと思います。

✮プチ断食の実践例
「プチ断食」は決まった時間だけ食事を抜けば良いので、特に決まったルールはないのですが、試してみたい方のために基本メニューをあげておきます。

1:初級編1「週末断食」
週に1日だけ何も食べない日を作る。例えば、土曜の正午に昼飯を取ったら、日曜の正午まで何も食べずにがんばります。慣れてきたら、次の「1日のうち一食だけを抜く」パターンに移るといいと思います。

2:初級編2「1日のうち一食だけを抜く」
単純に1日のうちで都合がいい食事を抜くパターン。朝起きるのが遅い人なら朝食を抜けばいいし、日中に忙しいなら昼食をカット、といった感じで、自分が空腹を感じにくい時間を選ぶのがコツです。

3:中級編1「5:2ダイエット」
「週5日間は好きなだけ食べて、週2日だけは500キロカロリー以下におさえる」というパターンをくり返す方法。これも意外と楽にできていいと思われます。

4:中級編2「リーンゲインズ」
「1日のうち8時間以内は好きなだけ食べて、それ以外の16時間は断食」というもの。
人間の体は、最後の食事から12時間ぐらいで「脂肪燃焼モード」に入るので、16時間の断食期間を設けることで効率よく体脂肪を減らせるようになるとの事。

5:上級編「日替わり断食」
「1日に2,000キロカロリーを食べたら次の日は完全に断食」というサイクルをくり返す方法。「5:2ダイエット」よりも1週間の摂取カロリーが少ないので、さらに減量効果は高めとの事。

★プチ断食のよくある質問
1:本当に腹は減らないのか?
初日だけ辛い思いをする人が多いですがすぐ慣れると思います。またもともと朝食を抜くことが多い人は翌日からは余裕の方が多いと思います。

2:断食中は何も口にしてはいけないのか?
カロリーがなければ口にしても構いません。お茶やコーヒー(ブラック)を飲む事は良い。ちなみに、ゼロカロリー系のダイエット飲料は、実際は多少のカロリーがあるので良くありません。人工甘味料も空腹を促進するので避けた方が良いです。

3:断食中にエクササイズをしてもいいのか?
一般的に「断食中はエネルギーがないので良くない!」なんて言いますが、実は空腹状態で運動をすると代謝がよくなったり、筋肉のタンパク質合成能力がアップしたりと、さまざまなメリットがあります。
運動は血糖値を上げて空腹を減らす効果もあるので、時間があればぜひエクササイズしましょう。

4:朝食を抜きたくない!
朝食じゃなくても、昼食でも夕食でも好きなものを抜いても構わないとの事。どの食事を我慢できるかは各自の遺伝子タイプによって違うとの事で、「早起き型」か「夜ふかし型」があるとの事。

★まとめ
手軽に痩せられ、食事のストレスも減る。また活動的にもなり、非常にメリットが大きい食事法だと思います!!
前回も言った通りあくまで参考にして、自分が楽しく続けれそうなものをやってもらったらと思います。

-スタッフブログ

Copyright© 整骨院は明石市のひじり鍼灸整骨院|明石市大久保駅徒歩2分 , 2018 AllRights Reserved.