スタッフブログ

肘が痛いなーと思ったら・・・

投稿日:

気温の変化があり、天気も雨が多くて過ごしにくい日が続いていますが、皆様元気で過ごせていますか??
あと数か月すると今よりも寒くなり、風邪が流行る季節になっていきます・・・風邪を引く前に早めの対策をしていきましょう!!(^_-)-☆
まずは、手洗い&うがいです。その次に、体温を上げることです。
風邪の原因を体内に取り込まないように心掛け、もし体内に入ってきたとしても体内の軍隊である免疫の力で負けないようにしていきましょう★☆

今回は、肘の痛みについてお話していこうと思います。
肘と言っても、いろんな部分がありますよね?・・・その中でも肘の外側の痛み(外側上顆炎)について少しお伝えします(^^♪

肘の外側の痛み・・・
例えば、掌を下に向けた状態で物を持った時や、掌を下にした状態で手首を上に曲げる動作の時に肘の外側に痛みは無いですか?
はたまた、肘の外側の一番出っ張っている骨を押さえた時に激痛があることは無いですか?
もし、痛みがある場合、すぐに痛みの出る動作は避けてください。
この痛みも、何回も繰り返し同じ動作(掌を下に向けた状態で物を持つ動作等)をすることにより肘の外側上顆という所から手の甲まである筋肉への負担の積み重ねによって発生します。
その為、痛みの出る動作は避けてほしいですが、仕事の作業や家事などはやめる事はできませんよね・・・。そういう時は、手の使い方を工夫してみてください!!
例えば、物を持つときは物の上から掴むのではなく、物の下からすくうように持つようにしてみてください。
また、痛くない方の手で作業を出来る範囲で補ってみてください。
それでも痛みが減らず、作業が出来ない場合、是非当院にお越しください☆
適切な、検査を行ったうえで超音波画像検査により、体内の組織の状態を確認させて頂きます!(^^)!
全ての検査をした後に、当院で出来る最大限の治療である、ひじり式整体と鍼治療を行いより早く痛みを取り除くサポートをさせて頂きます!(^^)! 安心してお越しください☆
今回のブログ内容は、たまたまこの症状で来院されている方が続いた為にお伝えさせて頂きました。痛みが出てから予防をしても手遅れです・・・痛みの出る前に物の持ち方など気を付けてみてください☆
あとは、定期的に腕のストレッチをしてください!!
(ストレッチ)
1、肘を伸ばしたまま掌を下にして体の前に腕を出してください。
2、手首を掌の方向に曲げてください。
3、反対の手で曲げた手の甲を持ち、より深く曲げるようにしてください。
4、↑が無理なくできる方は、3の状態のままストレッチしている方の手を軽く握って下さい。
そうすることで原因となる筋肉のストレッチができ、この外側上顆炎は予防できます(^_-)

今回は、肘の痛みについてお伝えさせて頂きました。
困ったことがあれば是非私たちへご相談下さい(^^♪

-スタッフブログ

Copyright© 整骨院は明石市のひじり鍼灸整骨院|明石市大久保駅徒歩2分 , 2018 AllRights Reserved.