スタッフブログ

断食のダイエット法について①

投稿日:

ひじり鍼灸整骨院です^^
9月に入って少し涼しくなってきました。
食欲の秋、読書の秋、運動の秋・・・
また中にはダイエットをしようと考えている人もいるかと思います。

そんな方に、今回はダイエットの中でも「プチ断食」について説明と効果をご紹介させて頂きます。

★プチ断食とは?
「プチ断食」は、その名のとおり定期的にゆるい断食をくり返す方法です。例を挙げると・・・
• 7時起床
• 朝食は抜いて13時までひたすらお茶を飲む
• 13〜16時の間に900kcalの食事
• 18時〜21時の間に900kcalの食事
• 0時に就寝

といった感じです。0時から13時までカロリーがあるものはいっさい口にしないのがポイントです。
断食の時間が決まっているわけじゃなくて、摂取するカロリーも目標の体重しだいで変わります。

始めたときは「朝メシを抜いたら体に悪いのでは?」とか「腹が減ってしょうがないのでは?」と思うかもしれませんが、実際にチャレンジしてみると・・・
空腹に悩むのは初日ぐらいで、その後は体脂肪率が下がり、筋肉の量は増え、疲れにくいようになるとの事で、いいことだらけとの事。
試してみた人の感想では、もっとも簡単で効果の高いダイエット法の1つとの事。

✮プチ断食の何が良いのか?
「プチ断食」のメリットは大きく以下の7つです。
1. とにかく痩せやすい:ダイエットにカロリー制限が必要なのは当たり前。適度に断食の時間をはさむことで、食事量のコントロールが簡単になります。
2. 簡単に実践できる:断食というと「腹が減って難しそう…」と思いますが、14〜16時間の断食なら一食を抜くだけで良いのでとても楽です。ある研究では、定期的な断食を始めてから2日が過ぎれば、ほぼ空腹もなくなるとの事。試してみた人も、空腹に悩んだのは初日ぐらいだったとの事。
3. 老化をふせぐ:断食がアンチエイジングに良いのは有名な話。カロリーの摂取を減らすことで成長ホルモンが分泌され、肌が若がえるほか筋肉量もアップするとの事。
4. 寿命がのびる:断食は寿命にも良い影響を与えます。ざっくり言えば、体が飢餓状態になることで、逆に遺伝子が寿命をのばそうとがんばるとの事。
5. ガンの予防になる:これはまだ議論の余地があるところですが、断食はガンの予防になる可能性が大。
1日おきに断食をすると、ガン患者の死亡率が下がった研究もあったりするとの事。
6. ご飯が美味い: 言うまでもないですが、一食我慢したぶんだけご飯が超美味くなります。
普通にゆでた鳥の胸肉が凄い美味さ。生のキャベツをかじっただけでも甘みを感じたりします。
7. お金の節約になる :これも当然のことながら、一食分食費が浮きます。
最初は「朝メシを抜いた分だけ、晩飯で食べ過ぎてしまうのでは?」と思いますが、実際にやってみるといつもと同じ量で十分に満足できるとの事。

★まとめ
今回は説明と効果をご紹介させて頂きました。
この紹介したものはあくまで一つの参考にして頂けたらと思います。
次回は実践例と良くある質問をご紹介させて頂きます。

-スタッフブログ

Copyright© 整骨院は明石市のひじり鍼灸整骨院|明石市大久保駅徒歩2分 , 2018 AllRights Reserved.