スタッフブログ

カロリー制限について・・・

投稿日:

ご訪問ありがとうございます^^
ひじり鍼灸整骨院です!

今回はダイエット関係のお話で、カロリー制限について・・・

カロリー制限は、短期的(1カ月ぐらい)にはどんどん体脂肪が減っていくのですが、長期的(1年ぐらい)になると、体脂肪の減少率がどんどん少なくなるというデータがたくさん出ているとの事。

なぜこういった現象が起きるかと言いますと、代謝機能が変わるからです。

具体的には、カロリー制限の状態が長く続くと、以下の現象が起きてきます。

(1)甲状腺ホルモンが減る:甲状腺ホルモンは、代謝スピード(=脂肪の燃えやすさ)をコントロールする、ダイ
エットの重要ポイント。この量が減るほど、基礎代謝も下がっていきます。

(2)筋肉が減っちゃう:筋肉はエネルギーの消費量が大きいエリアなので、カロリー制限が続くと、体が「エネルギーを保存しなくてはいけない!」とパニックを起こして、脂肪よりも筋肉を減らそうとします。

(3)もの凄く空腹感が起きる:「食べないと腹が減る」というのは当たり前の話ですけども、この空腹感にはエクササイズを行う気力も奪う作用もありまして、たとえ同じ運動をしていてもダイエット効果は半減してしまう。ついでに、脳が「エネルギーを節約しろ!」と体に命令を出すものなので、自分でも気づかないうちに日常の動作がコンパクトになっていき、ますます消費カロリーは減っていきます。

とにかく、強引にカロリーを減らすと、脳と体が総がかりでエネルギーを節約しようとがんばってしまいます。

たとえば、いつもは2,000Kcalの食事をとっていた人が、「痩せよう!」と決めて1日の摂取カロリーを1,500Kcalに落とした場合は・・・

1.最初の1カ月ぐらいは順調に体重が落ちていく
2.だんだんとホルモンと筋肉が減って代謝が落ちる
3.体が1日に1,500Kcalしか燃やさないようになる
4.脂肪が落ちにくくなる

という感じです。ここで一気にドカ食いの状態にもどすと、リバウンドの危機が高まる可能性も大きいです。

よって、基本的にはカロリー制限で痩せるのは不可能だと思ったほうが良いのですが、これはあくまで強制的に食べたいものを我慢した場合の話です。

脳と体をなだめつつ自然に食欲を減らす方向に持っていけば、空腹や筋肉の減少に悩むことなくカロリーを減らして痩せることは可能であります。

-スタッフブログ

Copyright© 整骨院は明石市のひじり鍼灸整骨院|明石市大久保駅徒歩2分 , 2018 AllRights Reserved.