スタッフブログ

ツボ押し(梁丘(りょうきゅう))

更新日:

いよいよ春が近づいてきました。まだまだ寒い日もあると思いますので、体調管理を怠らないようにしましょう!
今回は胃けいれんに効くツボ「梁丘(りょうきゅう)」をご紹介させて頂きます。
梁丘は胃経の郄穴で胃経の急性症状に効果があると言われています。
梁丘の名前は梁は膝の上の山間のかけ橋のようになった所、丘は丘陵を意味し、このツボが膝の上にあり、山の丘のように盛り上がった所にあることから付けられています。

ー 位置 ー

太ももの前にあり、膝の皿(膝蓋骨)の外側の上端から指幅3本分程、上に行った所に取ります。少しくぼんでいて押すと痛みのある所です。

ー 効果 ー

胃痛・胃けいれんなどの消化器疾患、下痢、腹痛、膝の痛み・腫れ・曲がりにくさ、歯痛、頭痛、生理痛など痛み全般、精力減退に効果があります。

ー 押し方 ー

親指をツボに当て、5秒程押してゆっくり離すを2~3分程繰り返します。
少し強めに押してみて下さい。
お腹が鳴って腸が締め付けられるような時に押すと効果があり、
腸の蠕動が異常に活発化している状態を正常に戻してくれると言われています。
胃の調子や膝の痛みでお困りの方はぜひ一度押してみて下さい!

Jpeg

明石市大久保駅 徒歩2分 ひじり鍼灸整骨院

-スタッフブログ

Copyright© 整骨院は明石市のひじり鍼灸整骨院|明石市大久保駅徒歩2分 , 2017 AllRights Reserved.