ツボ押し

ツボ押し(光明(こうめい))

更新日:

寒さがさらに厳しくなってきました。皆様カゼの予防は欠かさないようにして、防寒、入浴を続けましょう!
さて、今回は目の疲れに効くツボ「光明(こうめい)」をご紹介させて頂きます。
このツボは胆経の絡穴で、目をハッキリさせる効果があり、視力回復の万能のツボです。また、正常眼圧緑内障にも有効であると言われています。
光明の名前は光はひかり、輝く、照るの意味で、明は明らか、明るいの意味があり、目を明るくするということから付けられています。
ー 位置 ー
外くるぶしの最も高いところから、指幅5本分程、真上に行ったところに取ります。
すねの外側にある腓骨という骨の前方で、押すと痛みのあるところです。
ー 効果 ー
眼精疲労、眼痛、目のかゆみ、坐骨神経痛、肩こり、足の痛み・痺れなどに効果があります。
熱があるのに汗が出ない、熱が体内にこもり頭部に症状がある時にも効果があると言われています。
ー 押し方 ー
親指をツボに当て、ゆっくりと3秒程押して、ゆっくり離すを10回程度繰り返します。
反対側の踵(かかと)でぐーっと押したり緩めたりしても構いません。
このツボを押すと眼底血流量が増えると言われていて、視力の回復や眼精疲労に効果があります。目の症状でお困りの方は、ぜひ一度お試し下さい。
また、目を酷使した時の肩こりにも効果がありますので、目が疲れて肩がこった時に押してみて下さい!
目の不調は色々な面で、悪影響があります。目を元気にして、健康的に冬をのりこえましょう(^^)
796ZuNa1IYjFA4v1486635163

WXtwy34lgsgDvna1486301692

Jpeg

Jpeg

明石市大久保駅 徒歩2分 ひじり鍼灸整骨院

-ツボ押し

Copyright© 整骨院は明石市のひじり鍼灸整骨院|明石市大久保駅徒歩2分 , 2017 AllRights Reserved.