首の症状について

首の症状について

頚椎椎間板ヘルニア

特徴

椎間板は脊椎の骨と骨の間にあってクッションのような役割を果たしており、この椎間板が、不自然な運動などで外力に耐えられず、被膜を破って脊柱管内に逸脱した状態を椎間板ヘルニアといいます。代表的なものが腰椎椎間板ヘルニアで、ついで多くみられるのが頚椎椎間板ヘルニアです。30代に多く、飛び出た椎間板の大きさや神経の圧迫部位によって首の痛みや腕への神経痛を起こします。

症状

・首~肩~腕~指へのしびれ感、痛み。
・咳やくしゃみ、首を後ろに反らすと肩甲骨や腕に痛みが走る。
・肩や肘、手指が思うように動かせない(筋力低下など。)

頚椎捻挫

特徴

外傷機転により頚椎が過伸展・過屈曲されて生じる症状の総称で、レントゲンでは異常を伴わない首の筋肉などの軟部組織損傷です。停車中の追突など防御姿勢をとれない外力ほど発症しやすい傾向にあります。「むちうち損傷」「外傷性頸部症候群」なども同じ意味の傷病名です。

症状

・受傷当日よりも翌日~数日になって症状が発症することが多い
・首、肩、背中の痛みや運動制限
・後頭部から頭頂部への痛み
・目のかすみ、耳鳴り、めまい、動悸・吐き気、集中力低下などの自律神経症状



明石,交通事故治療
お問い合わせはコチラから
TEL:078-934-2960