肘の症状について

肘の症状について

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

特徴

ゴルフやテニスをしている方に多いですが主婦にも多くみられます。

症状

圧痛が肘の外側にあり、日常生活で物を持ったり、タオルを絞ると肘の外側がいたみます。
テニス肘とは、この上腕骨外側上顆炎と、内側上顆炎も含み、特に外側はバックハンドテニス肘と
呼ばれ内側はフォアハンドテニス肘と分けて呼ばれます。
【アドバイス】
肘から手にかけて付く筋肉の使い過ぎによる疾患ですので、何か物を上から掴んで持ち上げたりせず
に、物を持つときは、手を下から入れ、掌を上に物を持ち上げるように気をつけてください。また、
セルフストレッチも大切ですので、痛みのある方の手首を反対の手で掌側にまげて伸ばします。

上腕骨離断性骨軟骨炎

特徴

 この疾患は早期に発見し、適切な指導を受けなければスポーツを断念しなければならない事もあります。早期ならスポーツを中止する事やフォームを改善することにより良好な経過が得れますが、進行すると保存療法では回復できなく手術が必要になります。手術しても復帰できるかどうかは経過をみないと判断できません。早期発見にはエコーが有効です。レントゲンではある程度進行しないと反映されません。
腕を酷使するスポーツ競技をする若年者に多く見られる肘関節の骨軟骨障害です。野球のピッチャーに多く、投球動作の繰り返しで関節が傷み、安静にすると症状が軽快するため、すぐにスポーツを再開するため進行しやすくなります。

症状

肘の後ろ外側に痛みを訴え炎症により、可動域の制限が出てきます。
急に強い痛みとともに肘が動かせなくなる(ロッキング)



明石,交通事故治療
お問い合わせはコチラから
TEL:078-934-2960